5Sとは?

5Sとは、「整理」(Seiri)、「整頓」(Seiton)、「清掃」(Seisou)、「清潔」(Seiketsu)、「躾」(Shitsuke)のローマ字の頭文字を取ったものです。製造業の生産現場における、工場改善の基本となる考え方で、仕事に必要なモノだけに絞り、仕事を行いやすくなるように整理・整頓することで、職場の抱える課題を解決するための改善活動です。

5Sは、4Sである「整理」「整頓」「清掃」「清潔」に「躾」を加えたものになっています。

それぞれ5つの項目の定義は、以下のようになっています。

「整理」… 要るものと要らないものに区別して要らないものを処分すること
「整頓」… 要るものを使い易い場所にきちんと置くこと
「清掃」… 身の回りのものや職場をきれいに掃除をして、いつでも使えるようにすること
「清潔」… 「整理」「整頓」「清掃」を維持し、誰が見てもきれいでわかりやすい状態に保ち、きれいな状態を保とうという気持ちにさせること
「躾」… 職場のルールや規律を守り、習慣づけること

上記の各項目は、普段何気なく使っていますが、定義を今一度しっかりと読んでみると、理解、納得できます。たとえば「整理」と「整頓」の違いなどはなかなか理解している人も少ないでしょう。

5S活動を行っている企業の動画です。5S活動の状況が理解できます。

戻る