英語で5Sは? 海外での5S活動について

整理、整頓、清潔、清掃、躾の5Sは日本語の頭文字をアルファベットのSに置き換えたものですが、海外では、どのように取り扱われているのでしょう?

5S活動は、日本発祥のものですが、海外でも取り入れられる場合があります。日本企業が海外進出した場合、多少のアレンジはあるにせよ、日本でのやり方をそのまま海外に持ち込むことになりますので、5S活動も持ち込まれる場面も多いです。海外での現地製造を行うような場合には、当然、5S活動が行われることでしょう。

さて、5Sは英語でどのように表現されているのでしょうか? 調べてみたところ、下記のようでした。

整理 … Sorting
整頓 … Setting-in-Order
清掃 … Shining
清潔 … Standardizing
しつけ … Sustaining the Discipline

整理、整頓、しつけの英語への置き換えは、まあ、そうかなと思いました。
ただ、清掃、清潔については、無理やり、Sが頭文字にくる英単語をなんとか持ってきたという感が出ていて大変興味深いです。言葉も国民性も日本とは異なる海外ではきっと、製造現場は混乱状態に陥りやすいことでしょうから、5S活動は現場を整然と保つ強い味方になっていることと思います。