危険な箇所

【KYTイラスト】よくある危険な場所 ~ドア~

実は危険なドア

今回は、よくある危険な場所ということで、ドアについてお話をします。



実は危険なドア!

会社の中にはたくさんのドアがあると思いますが、私は、ドアは危険な場所の一つだと認識しています。

ドアを開けたら向こう側にも人がいた、という状況は既に説明しましたが、それ以外にもドア特有の危険があります。



ドア!風の強い日は要注意!はさまれる! 開けにくくなる!

一つは風の強い日のドアの危険性です。私が勤めていた会社は、海のすぐそばの、いわゆる工場地帯の一角でした、海のすぐそば、といいますか、海の上みたいな場所でしたので、天気次第では大変風が強くなりました。

風が強い日の場合、ドアのついている建物の構造によっては、風が吹き抜けるような建物があり、そのような場合には、ドアが風圧で大変開けにくくなる場合がありました。

そして、苦労してドアを開けると、今度は、風圧で、ものすごい勢いで閉まってしまうことになります。

ドアを通ろうとする人が荷物を持っていると、うまく、ドアを開けられず、大変、危険な状態になります。



ドアクローザーが調整されていないドアは危険!

もう一つのケースは、ドアマンがうまく、調整されていない場合です。

異常なドアクローザーのせいで、ドアは開けるときは、とても重たく、さらに、閉まるときには、思いっきり、ドアが閉まってしまうというものです。

ですので、ヘタをすれば手を挟む危険があります。 
                           
いずれも場合も、設備の管理がうまくできていない状況ではないかと思います。

自分の管轄の場所にあるドアであれば、修理を手配するのですが、他の部署の場合では、口出しするわけにはいかず、そのままになってしまいます。
そんな場合は、ヒヤリハットを提出するといいかもしれません。

設備管理の重要性を感じます。

今回は、よくある危険な場所ということで、ドア、についてお話してみました。

-危険な箇所
-

© 2022 危険予知訓練 KYTイラストシート 例題 答え 無料あり Powered by AFFINGER5