ブログ【KYTイラストシート】ネットで工場用の危険予知トレーニングのイラストを探してみた(その2)

ネットで工場用の危険予知トレーニングのイラストを探してみた、について話をしています。今回はその2、です。以下の動画でその詳細を説明しています。

動画の内容

今回は、ネットで工場用の危険予知トレーニングのイラストを探してみた、のその2ということでお話をします。今回は、探し出してきたけれど使えないKYTイラストのお話です。

まず、自分たちは製造業なのですが、それ以外の業界用に作成されたKYTイラストはまず、使えない、というのが印象です。理由は、業界が違うので、自分たちが、絶対しないような作業をイラストで表現しているからです。建築業のものなどはかなりリアルに描いてあるものが見受けられるのですが、残念ながら、職場で使う、のはかなり無理があります。例えば、ショベルカーを使うなんてことは絶対ないからです。

次に、イラストのタッチがあまりにも柔らかくしてあって、リアル感の少ないものも抵抗があります。こうものは、大抵、作業状況があまり書き込んでありませんので、そういう点でも使えないです。私の感覚では、職場で危険予知訓練の題材としてこの手のマンガチックなイラストを出すことはできないです。「なんだ、このふざけたようなマンガは?」とクレームがつくことは間違いないです。

また、厚労省のホームページにも安全に関するイラストが掲載されています。こちらはKYTイラストではなく、各業界から報告された過去の災害の説明としてイラストが掲載されているのです。数量もたくさんあって、最初はいいなあと思ったのですが、このイラストの最大の問題は、災害が発生した後の状況を表現していて、KYTイラストとしては使えないことです。私たちとしては、これからどんな災害が起こるのかを予想するわけですから、災害が起こった後のものではあまり意味がないわけです。

というわけで、ネット上のKYTイラストは、一見使えるように見えるのですが、ほとんどがこの手のものばかりで使うことができない、というのが感想です。

今回は、ネットで工場用の危険予知トレーニングのイラストを探してみた、のその2ということについてお話してみました。

無料KYTイラストあります。こちらから詳細をご確認ください。

KYTイラスト
使えないKYTイラストシート

救急のKYTシートは、製造業の人には使うことができません。

Copyright (c) 2020労働安全研究会 All rights reserved.
";