安全衛生活動

【KYTイラスト】安全担当の自分と上司

今回は、安全担当の自分と上司の態度についてお話をします。



上司はとにかく、部下を管理しようとする人だったが

以前の上司は、かなり口うるさい人で、なんでもかんでも細かく指示してくる人でした。

本業の開発テーマについては、このようにあまりにも私を管理、支配しようとしてくる人で、優秀なのかもしれないけれど、性格は最低というような、上司としては最も不適格という人で、完全に閉口していました。

つまりは、部下に任せられないのです。

しかも、この状態が10年近くも続いていたのです。自分はうつ病などよく精神的に参らなかったなあと思います。



安全衛生活動については、管理がゆるくなった

 さて、こんな上司ですが、私の担当となった安全衛生活動については、口出ししてくるのは相変わらずでしたが、本業のテーマほどはくちばしを突っ込んでは来ていませんでした。

上司にとって、安全衛生活動は、いわば、やむを得ずやらないといけないものなので、必要最小限か、あるいは、多少は不足していてもいいぐらいの感覚があったのだと思います。

そんな状況だったので、私の担当していたいくつかあるテーマの中で、この安全衛生活動のテーマが最も、やりやすい、自由が利く、そんなテーマだったのです。

そうは言っても、工場の安全部による内容のチェックがありますので、活動内容はしっかりとしたものを行っていました。



正直なところ、安全衛生活動というのは、あまりやりたがらないテーマ

 これが、私が安全専門の担当部署であれば、当然、100%注力するわけですが、当時の状況のような、そうでない部署の社員にとっては、安全活動というと、あまりやりたくないが、最低限はやっておこうというような感じではないでしょうか。

そのような態度が上司の態度にあらわれていたように思います。

今回は、安全に対する上司の態度についてお話してみました。

-安全衛生活動
-

© 2022 危険予知訓練 KYTイラストシート 例題 答え 無料あり Powered by AFFINGER5