ブログ【KYTイラストシート】たいていの人は、KYTイラストのイラストが描けない件

たいていの人は、KYTイラストのイラストが描けない件、について話をしています。今回はその2、です。以下の動画でその詳細を説明しています。

動画の内容

今回は、たいていの人は、KYTイラストのイラストが描けない件、についてお話をします。

危険予知訓練のKYTイラスト題材は、そのまま受け取るとイラストで表現するということになっています。つまり、イラストでなきゃいけないんだ、と思う人もいる、ということです。しかしながら、自分たちで、KYTイラストを、イラストで描いて準備するということになると、イラストが描けないという問題が出てきます。イラスト自体はどんなものでも、ヘタクソでもいい、ということであれば、だれでも描けるのでしょうが、危険予知訓練の題材としてそれなりの質のものを書く必要があるので、ここに大きな壁があります。

正直なところ、人物と背景を上手に描く人はなかなか少ないものです。ほとんどいないといっていいでしょう。無理やり、下手なりに描いてもらってもいいのですが、見るに堪えないようなものになったりして、使えない、あるいは、下手すぎるので、そんなんじゃ使えないよ、ということになってきます。

なぜ、危険予知訓練で使う題材を、イラストで表現しているのかを考えてみますと、イラストという手法が、簡単に描けるということがあったのだと思います。写真という手段もありますが、写真では、その昔は高価な手段で、また、現像をしないといけないなど面倒だし、撮影のためのポーズをとってもらわねばいけないということがあった、と思っています。あまり、気軽には使えなかった、という事情があったと推測します。

イラストの場合、絵心のある人がいれば喜んで描いてくれるかもしれませんが、そんな人が社内の課内にめったにいるはずがありません。
また、外注に出してまでイラストを描かせるようなことは、出版物を作ることでない限りしないし、費用もかかり、そんな大げさなことはできないので、絶対といっていいですが、そんなことはしないと思います。

最近では、CGで自由にポーズを取ることのできるソフトがあるようですが、専門の部門ならともかく、会社で、わざわざそこまでのことをするはずがありませんので、使うことはできないでしょう。

未だに、危険予知訓練、KYT、というと、イラストということなのですが、その表現手段に改善の余地があるように思いました。

今回は、KYTイラストのイラストが描けない件についてお話してみました。

KYTイラスト
イラストが描けない…

無料KYTイラストあります。こちらから詳細をご確認ください。

こんなサイトで、練習すれば、イラストが上手になるかもしれませんが、会社でそんなことはできないです。

Copyright (c) 2020労働安全研究会 All rights reserved.
";